院長ブログDOCTOR BLOG

  1. HOME
  2. アーカイブ: 院長ブログ

ピロリ菌のおはなし ③ 除菌判定検査について

2022年10月3日

前回の『ピロリ菌のおはなし②』では、胃内視鏡検査や除菌治療についてお話しておりますので、そちらも合わせてお読みください。

 

ピロリ菌除菌治療は優れた治療法なのですが、それでも約10%前後の方は一次除菌治療が不成功に終わります。除菌不成功の理由はいくつか考えられますので、またの機会にお話ししたいと思います。

さて、除菌が不成功の場合には再除菌治療(※二次除菌治療)を行う必要がありますので、一次除菌治療によってピロリ菌が完全に除菌されたかどうかを確認することが大切です。

除菌判定は、除菌治療終了10週以降に行い、通常「尿素呼気試験法」という判定方法が用いられます。※保険診療では再除菌は1回のみ認められています。

 

除菌判定検査<尿素呼気試験法>について

【検査方法】

検査薬(13C‐尿素:ユービット錠)を服用して頂き、その前後で息(呼気)を採取します。採取した呼気を調べて、ピロリ菌が完全に除菌されたかどうかを判断します。この検査方法は非常に簡便で精度が高く除菌判定に最も適しています。検査に要する時間は約20分です。

なお、ピロリ抗体検査(採血)は除菌判定に用いることは出来ません。

 

【検査のメカニズム】

ピロリ菌のもつウレアーゼという酵素により、胃内の尿素は二酸化炭素とアンモニアに分解し呼気中に排出されます。13C‐尿素を含んだ検査薬を内服し、服用前後の呼気中の二酸化炭素に含まれる13Cの量を比較することで、ピロリ菌の存在を検出できます。

 

【除菌治療から除菌判定検査までの間隔をあける理由】

ヘリコバクター学会のガイドラインによると、除菌治療後4週間以降に除菌判定検査を実施という記載がありますが、除菌判定を早期に行った場合、除菌判定の偽陰性を認め、その後再陽性化(再燃)することがあります。この偽陰性の原因は除菌薬により菌数が減少し検査の感度が以下となることや、除菌後は菌体が球状菌となり、ウレアーゼ活性を示さず、また生存しているにも関わらず増殖不能な状態となるためと考えられています。

各報告を検討した結果、除菌判定は除菌療法終了後4週間以降、なるべく遅い時期に行うのがよいと考えています。除菌療法終了後から除菌判定までの間隔が長いほど判定精度が高くなるからです。そのため当院では、除菌判定を除菌療法終了後10週以降に行っています。

オミクロン株対応コロナワクチンの接種を開始します

2022年9月22日

当院では10月3日より、オミクロン株対応コロナワクチンの接種を開始します。

接種に先立ち、いくつかご質問をいただきましたのでお答えします。

ご予約はお電話で承ります。(Web/Line予約不可)

 

【ご質問】

Q:対象者について

A:1,2回目接種が完了した12歳以上の方。前回接種から5か月以上間隔をあけます。

 

Q:インフルエンザワクチンも打ちたいのですが、どのくらい間隔をあけたらいいですか?

A:間隔をあけずに接種できます。同日接種も可能です。ただしインフルエンザワクチン以外のワクチンとの接種間隔は、2週間以上設ける必要があります。

 

Q:従来のコロナワクチンと比べて効果はどうですか?

A:オミクロン株に対応した成分が含まれるため、従来株ワクチンを上回る重症化予防効果が期待されます。さらに、感染予防効果や発症予防効果も期待されます。また、オミクロン株と従来株の両方の成分を含み、2種の異なる抗原が提示されることから、これらにより得られる多様な免疫反応は、今後の変異株に対しても有効である可能性がより高いと期待されます。

 

ピロリ菌のおはなし② 除菌治療とは? 

2022年9月17日

前回の『ピロリ菌のおはなし①』ではピロリ菌と、ピロリ菌が引き起こす胃の病気についてご説明しました。今回は、皆様の関心の高い除菌治療について、当院での治療の流れをお示ししながらお伝えしたいと思います。

 

◆ピロリ菌に感染している人は除菌すべき?  

日本人のピロリ菌感染者の数は約3500万人と言われており、多くの方は自覚症状がないまま暮らしています。

『日本ヘリコバクター学会』のガイドラインでは、ピロリ菌感染者のすべてに除菌療法を受けることが強く勧められています。

除菌療法が必要かどうかは、主治医とよく相談してください。

 

◆除菌治療のながれ

①胃内視鏡検査:胃の中の状態を確認します。

②ピロリ菌の検査:ピロリ菌に感染しているか調べます。血中抗体検査(採血)を行います

 

ピロリ菌がいる場合

 一次除菌療法(7日間)●胃酸分泌を抑える薬●2種の抗菌薬

除菌治療終了後は、一定期間を開けて尿素呼気試験(検査薬を服用し息を採取)を行い除菌判定を行います。

正しく薬を服用すれば、80~90%の方は除菌に成功します。一時除菌療法で除菌ができなかった場合でも、二次除菌療法をきちんと行えば、ほとんどの場合は除菌が成功すると報告されています。

 

◆胃内視鏡検査は必要なの?

ピロリ菌の検査や除菌治療を保険診療で行うためには、保険制度上、胃内視鏡検査が必須となります。

ピロリ菌は幼少期に感染していることが多いため、検査時にはすでに感染から長い年月が経過しているケースがほとんどです。

そのため、無症状の方でもピロリ菌が産生する毒素により、大半は慢性胃炎(萎縮性胃炎)の所見が認められます。萎縮性胃炎が進行すると、胃がんの発生リスクが非常に高くなってきます。

そのため、ピロリ除菌治療を行う前に胃内視鏡検査を実施しないと、すでに胃がんが存在した場合、それを見逃すことになりかねません。

したがって、日本の医療制度上、ピロリ菌除菌治療前の胃内視鏡検査(6か月以内)は必須とされており、行わない場合は保険適応とはなりません。

 

◆良くあるご質問

Q1 1年前に他院で胃カメラしましたが、ピロリ除菌治療は受けられますか?

A1 6か月以上経過しているので、新たに胃内視鏡検査を受けていただく必要があります。

 

Q2 3か月前に人間ドックで胃カメラを受け、ピロリ菌陽性も指摘されました。除菌治療は受けられますか?

A2 人間ドックの結果を持参していただければ、除菌治療は受けられます。その際胃内視鏡検査やピロリ菌検査の再検は不要です。

 

Q3 人間ドックでピロリ菌陽性を指摘されました。除菌治療は受けられますか?

A3 除菌治療前には胃内視鏡検査(保険診療)が必須です。

 

当院でもピロリ菌の除菌治療を行っております。また、胃内視鏡検査は日本消化器内視鏡学会指導医(専門医)の私が担当致します。

 

次回は、ピロリ菌除菌治療後の除菌判定検査についてお話します。

 

ピロリ菌のおはなし① ピロリ菌とは?

2022年9月15日

胃がんの約90%はピロリ菌が原因であると報告されており、日本は胃がん罹患率およびピロリ菌の感染率が高い国の一つです。日本では2013年(平成25年)にヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に対する除菌治療が保険適用となったことから、除菌治療を受ける患者さんの数は大幅に増えました。

最近、ピロリ菌の除菌治療についてご質問を受けることが多くなったことからも、皆さんの関心の高さが伺われます。そこで、今回からシリーズ『ピロリ菌のおはなし』と題して、ピロリ菌と除菌治療についてご説明します。

 

◆ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)について

ピロリ菌は胃の粘膜に生息しているらせん状の形をした細菌です。

ヘリコバクターの『ヘリコ』は、らせん形(ヘリコイドhelicoid)から命名されており、ヘリコプターの『ヘリコ』と意味は同じです。ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍などの病気に深く関わっています。

 

◆ピロリ菌に感染する原因

口を介した感染(経口感染)が大部分です。

乳幼児期に上下水道が十分に発達していなかった世代以前の方で高い感染率となっています。衛生環境が整った現代では、ピロリ菌の感染率は著しく低下しています。

 

◆ピロリ菌の関係する病気について

ピロリ菌に感染すると胃に炎症を起こすことが確認されていますが、ほとんどの人は自覚症状はありません。

ピロリ菌の感染による炎症が続くと、感染部位が広がって『ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎』になります。このヘリコバクター・ピロリ感染胃炎が『胃潰瘍』『十二指腸潰瘍』『萎縮性胃炎』を引き起こし、その一部は胃がんに進展します。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者さんの約80~90%はピロリ菌に感染しています。

 

『萎縮性胃炎』

長い間炎症が続いて、胃粘膜の胃酸などを分泌する組織が消失した状態。

 

『胃潰瘍』『十二指腸潰瘍』

胃や十二指腸の粘膜の壁が傷ついて掘られた状態。除菌が成功すると潰瘍の発症ならびに再発を抑えることができます。

 

次回はピロリ菌の除菌治療についてご説明します。

胃がん検診の種類と内容について

2022年9月6日

前回の院長ブログ『胃がん検診を受けましょう』の続きですので、併せてお読みください。

 

川崎市では、「胃部X線検査(バリウム検査)」もしくは「胃内視鏡検査(胃カメラ)」のいずれかの検査法で胃がん検診をお受けになることができます。

当院では50歳以上の方を対象とした胃内視鏡検査を行っております。

検査は日本消化器内視鏡学会指導医(専門医)の私が担当致します。

 

バリウム(造影剤)を飲んで胃の形や凹凸をレントゲンで撮影するのが「胃部X線検査」です。一方、「胃内視鏡検査」は、先端にCCDカメラのついたスコープを挿入し、高解像度のカラーモニターを見ながら食道、胃、十二指腸を観察する検査方法です。胃内視鏡検査では、胃粘膜のわずかな隆起や陥凹のみならず、粘膜の色調変化も確認できるため、胃部X線検査よりも精度の高い観察を行うことが可能です。実際、“Ⅱb型”と言われている平坦型早期胃がんは、わずかな粘膜の色調変化を頼りに診断を行います。

なお、胃部X線検査で「要精密検査」となった場合、二次検査として胃内視鏡検査を受けることになりますので、どちらの検査方法にしようかとお悩みであれば、胃内視鏡検査をお勧めします。

 

現在、川崎市の胃がん検診の制度は以下の通りとなっております。

・胃部X線検診:40歳以上の方を対象とし、1年度に1回。

・胃内視鏡検診:50歳以上の方を対象とし、2年度に1回。

*胃内視鏡検査を受診した翌年度は胃内視鏡検査も胃部X線検査も受診できません。

胃がん検診を受けましょう

2022年9月5日

さて、表題の件ですが、皆様のお手元に、市区町村から胃がん検診の案内は届いていますでしょうか。胃の調子が悪くないから、胃がん検診は不要と思われていませんか?

 

日本人が生涯でがんになる確率は『万が一』ではなく『2人に一人』です。そして、がんの中でも『胃がん』は日本人に多いがんで、毎年約4万人を超える方が胃がんでお亡くなりになっています。「もし定期的に胃がん検診をお受けになっていたら…早期がんのうちに対処出来たのでは」と専門医として歯痒く思うこともしばしばございます。

 

胃がんは早期に発見できれば、90%以上は完治できる可能性があるのです。

しかしながら、胃がん検診の受診率は40%に達していないのが現状です。

中高年になると急激に胃がんになる方が増えますが、自覚症状がないから検診は不要と思われている方も多いようです。

実は、早期胃がんは自覚症状はありません。つまり、定期的な検診が早期発見に繋がるのです。

市区町村からの案内が来たら、封を開けて是非ご一読くださいますようお願い申し上げます。

 

次回は、胃がん検診の種類と内容についてお話し致します。

川崎市の肝炎ウイルス検査(無料)は受けられましたか?

2022年8月12日

川崎市の肝炎ウイルス検査(無料)は受けられましたか?

肝炎の感染に気づかないまま放置すると、知らない間に病気が進展し、肝硬変や肝がんなどの重篤な症状につながる恐れがあります。 少なくとも一生に一度は肝炎ウイルス検査を受けましょう。

当院は神奈川県の肝臓専門医療機関に指定されています。院長はB型肝炎・C型肝炎の新薬開発にも携わった経験がある肝臓病治療のスペシャリストです。

 

◆ウイルス性肝炎ってどんな病気

肝炎ウイルスに感染することで、肝臓の細胞がこわれていく病気です。

この病気になると、徐々に肝臓の機能が失われていき、ついには肝硬変や肝がんに至ることもあります。B型及びC型肝炎ウイルスの患者・感染者は、合わせて300万人を超していると推定され、国内最大級の感染症とも言われています。

 

◆肝炎になっても痛くないの?

熱や痛みなどの症状はほとんどありません。

肝臓は沈黙の臓器ともいわれています。慢性の肝障害では進行が穏やかなため、病状が進むまで症状には気が付かないことはあります。知らない間に病状が進行してしまい、命にかかわる病気になってしまいます。

 

◆肝炎ウイルス検査、受けないとダメですか?

一生に一度は受ける必要があります。

検査をできるだけ早く受けることで、もし肝炎ウイルスに感染していても適切な治療を受けることができるので、深刻な症状に進行するのを防ぐことができます。

 

◆健康診断じゃダメなの?

通常の健康診断では、肝機能検査だけ行われている場合が多いです。

肝機能検査とは別に、肝炎ウイルス検査を受けないと、肝臓が肝炎ウイルスに感染しているかどうかはわかりません。

 

◆肝炎検査はどんな検査?費用は?

採血1回、チクリで済みます。川崎市にお住まいの方は無料です。

 

◆感染がわかったらどうすればいい?

検査結果を持って、肝臓専門医がいる医療機関を受診してください。

当院は神奈川県の肝臓専門医療機関に指定されておりますので、感染が認められた場合は当院でも治療を受けられます。

 

医療費助成制度について:

国と都道府県では、肝炎の有力な治療法であるインターフェロン治療や核酸アナログ製剤治療に係る医療費について、患者さんの負担額を軽減する助成を行っています。助成の対象となるのは B型又はC型肝炎のインターフェロン治療及び B型肝炎の核酸アナログ製剤治療です。 患者さんの世帯の所得に応じて、月当たりの医療費を軽減します。 詳しくは、都道府県又はお近くの保健所にお問い合わせください。

50歳を過ぎたら帯状疱疹の予防接種ができます

2022年7月21日

50歳を過ぎたら帯状疱疹の予防接種をお勧めします

ワクチンは2種類ありそれぞれ特徴が違います。

50歳以上の方で帯状疱疹予防・ワクチンにご関心のある方は、お気軽にご相談ください。事前に電話でご予約のうえご来院ください。

 

【乾燥弱毒生水痘ワクチン】生ワクチン

接種回数は1回、価格が安い。効果持続時間は5年程度。妊婦や免疫機能が低下している方は禁忌。発症予防:51%、帯状疱疹後神経痛:67%減少

9,350円(税込)/回

 

【シングリックス筋注用】不活化ワクチン

接種回数は2回、価格は高いが、高い持続期間と発症予防効果がある。免疫機能が低下している方にも接種可能。効果持続期間10~11年以上、発症予防97%、帯状疱疹後神経痛:90%減少

24,200円(税込)/回

 

何れのワクチンも、注射部位の痛み、腫れ、発赤などの局所反応が主な副反応で、それらは通常約3日~1週間で消失します。局所反応は、シングリックスの方が強く発現します。

 


帯状疱疹とは

日本人成人の9割以上は、帯状疱疹の原因となるウィルスが体内に潜んでいて、80歳までに約3人に1人が帯状疱疹になると言われています。

体の片側の一部にピリピリとした痛みが現れ、その部分に水膨れを伴う赤い発疹が出現する病気です。
帯状疱疹が頭部、顔面に出ると、目や耳の神経が障害され、めまい、耳鳴りなどの合併症、重症化すると視力低下や顔面神経痛など重い後遺症が残ることがあります。また帯状疱疹が治った後も長期に痛みが残ることがあり、帯状疱疹後神経痛(PNH)と言われています。50歳以上で帯状疱疹になった場合、約2割がこのPNHになると言われており、加齢とともに移行率は高まることから、高齢者ほどPHNになりやすいと考えられています。

 

帯状疱疹の原因は水ぼうそうと同じウイルスです

主に子どもの頃に、このウイルスにはじめて感染すると、水ぼうそうを発症します。水ぼうそうが治った後も、ウイルスは長い間体内(神経節)に潜んでおり、普段は免疫力によって活動が抑えられています。

 

帯状疱疹発症のきっかけ

過労やストレスなどで免疫力が低下すると、潜んでいたウイルスは再び活性化・増殖しはじめ、神経の流れに沿って神経節から皮膚へと移動し、帯状に痛みや発疹(ほっしん)が出る帯状疱疹を発症します。

 

帯状疱疹にならないためには

日頃から体調管理に心がけ、免疫力が低下しないようにすることが大事です。ワクチン接種も大変有効な予防手段です。

 

帯状疱疹になったらどんな治療をうけますか

発症したら早期に治療するほど効果が期待できますので、症状を自覚したら速やかに受診しましょう。

抗ウイルス薬による治療:症状が軽い場合や中程度の場合には、内服薬(飲み薬)の抗ウイルス薬で治療することができます。症状が重い場合や免疫力が低下している場合には、入院した上で抗ウイルス薬の点滴による治療が必要となることがあります。

 

痛み止め:帯状疱疹による痛みに対しては、痛み止めでの治療が行われます。痛み止めによる治療はあくまでも痛みに対する治療であり、帯状疱疹そのものを抑えるためには抗ウイルス薬による治療が必要となります。

 

塗り薬:抗ウイルス薬の塗り薬(軟膏など)には、皮膚の表面でウイルスが増えるのを抑える効果が期待できます。抗ウイルス薬の塗り薬は、ごく軽症の場合や、すでにウイルスの活性化が抑えられている場合に使われます。

子宮頸がん予防のためのワクチン接種について

2022年7月8日

川崎市から対象の方に、子宮頸がんワクチンの予診票が送付されているかと思います。当院では、川崎市の子宮頸がんの定期予防接種(小学6年生から高校1年生まで・接種機会を逃された方へのキャッチアップ接種)を行っております。接種は事前予約制になりますので、ご希望の方は当院044-329-1122までお電話にてご予約をお願い致します。*当院ではガーダシル(4価ワクチン)を接種しています。

 

子宮頸がんとは

子宮頸がんは子宮の入り口部分(頸部)にできるがんです。日本では、年間約10,000人が子宮頸がんにかかり、毎年約3,000人の女性が子宮頸がんで亡くなっています。最近になって、20~30代の若い女性に子宮頸がんが増加しています。これから妊娠、出産などのライフイベントを迎える年齢と、子宮頸がんにかかる年代が重なっていることが問題です。初期の子宮頸がんにはほとんど自覚症状はありません。早期に発見できれば命や子宮を守ることのできる病気ですが、治療により妊娠、出産をあきらめなければならなくなる可能性があるのです。

 

どうして子宮頸がんになるのですか

ヒトパピローマウイルス(HPV; human papilloma virus)というウイルスが性交渉により感染することが子宮頸がんのきっかけとなります。HPVはありふれたウイルスで、生涯に80%以上の方が感染すると言われています。通常はこのHPVに感染しても自然に排除されますが、長い間感染が続いた場合、細胞が少しずつがん細胞へと変化していくことがあります。

 

子宮頸がんの予防としてのHPVワクチン

子宮頸がんの原因となるウイルスの感染を予防できれば、将来の子宮頸がんを予防することができます。性交渉の経験を持つ前にワクチンを接種するのが理想的です。

定期予防接種の対象で接種を検討している方は、このワクチンを受ける意義とメリットをよくご理解の上、ぜひ接種をご検討下さい。予防接種の有効性とリスクを十分にご理解いただくために下記をご参考ください。

 

月別アーカイブ

カテゴリ