外来診療OUTPATIENT

  1. HOME
  2. 外来診療
  3. 消化器内科

Gastroenterology消化器内科

消化器内科

胸やけ、胃の痛み、下痢など、日常的に起こる症状でも
思わぬ疾病の可能性があります。早めの受診をおすすめします。

主な症状

  • 胸やけ、吐き気
  • 胃痛、腹痛
  • 下痢、便秘、血便

主な疾病

  • 逆流性食道炎 / 嚥下困難 /食道がん
  • 胃炎 / 胃潰瘍 / 胃がん / ピロリ菌感染 / 十二指腸潰瘍
  • B型肝炎・C型肝炎 / 肝硬変 / 胆石 / 脂肪肝 / 膵炎
  • 大腸ポリープ / 大腸がん /潰瘍性大腸炎
  • 過敏性腸症候群 / 腸閉塞

診療の特徴

  • 食道から大腸まで
    消化器全般

    食道から大腸はもちろん、肝臓、胆道、膵臓を含めた
    消化器全般を対象に診療いたします。

    専門医のご紹介
  • 内視鏡検査による
    疾病の早期発見

    粘膜を直接観察できる胃カメラ、大腸カメラによって
    病変の早期発見に努めます。

主な検査

内視鏡検査

内視鏡検査

胃や大腸をはじめとする消化器官の粘膜を直接観察できる内視鏡検査は、がんなどを早期発見でき、さまざまな病気の確定診断に欠かせない検査です。胃カメラ、大腸カメラともに、可能な限り、苦痛なく楽に受けていただける検査をめざしています。

検査機器のご紹介

内視鏡的大腸ポリープ切除術(日帰り手術)

大腸内視鏡検査中に大きさ5mm以上の腫瘍性病変(ポリープ)が発見された場合には、ただちにその場で病変全体を切除することも可能です(ポリペクトミー・粘膜切除術)。癌が混在する可能性が考えられる5mm以上の病変や5mm未満でも表面構造的に癌が疑われる病変に対しては、取り残すことなく、まるごと切除することによって正確な診断と治療を行う必要があります。

消化器がん(がん検診)および消化器良性疾患のスクリーニング

胃がんや大腸がん等の消化器がんは初期には自覚症状が殆どありません。消化器専門医による定期的な内視鏡検査や画像検査をお勧めします。

  • 内視鏡検査による食道がん・胃がん・大腸がんのスクリーニング
  • 超音波検査、MRI検査による肝腫瘍・胆嚢ポリープ・膵腫瘍等のスクリーニング